後悔しないように就職する

アットホームという言葉

みんなが仲良くしている、雰囲気の良い企業に入社したいと思っている人がいると思います。
しかしアットホームという言葉に、騙されないでください。
よく求人にアットホームな雰囲気という言葉が書いてありますが、それしか書かれていない場合は危険です。
どんな製品を作っているのか、求人を見ただけでわからない企業は避けましょう。

求人に載せられる実績を持っていないから、社風ばかり書いている可能性が高いです。
そんなところで働いていても、安い給料しかもらえません。
それなのに過酷な労働を強いられるので、仕事が嫌になってしまいます。
求人を見てすぐ、仕事内容が具体的にわかる企業に就職しましょう。
社風だけでは、まだわかりません。

本当に仲がいいのか

アットホームな雰囲気と求人に記載されていても、実際はどうだかわかりません。
もしかしたら、あまり雰囲気のよくない職場かもしれません。
それでは仕事の空間にいるだけで、ストレスを感じてしまいます。
スムーズに仕事を進めることができないので、本当にアットホームな雰囲気なのか調べてください。
会社の名前がわかったら、ネットで検索するのがいい方法です。

すると評判が出てきます。
就職しても、すぐ辞める人が多かったらアットホームなという言葉は信用できないと思ってください。
何も会社に就職するメリットがない時に、アットホームや仲がいいという言葉を使うと言われています。
雰囲気がよくない企業は、明らかにブラック企業なので避けましょう。


この記事をシェアする